SWEET DECAL No.37 零戦21型 第265航空隊 戦闘第8飛行隊

マリアナ諸島サイパン島の雷(いかずち)部隊、第265航空隊

2015年4月の新製品は、写真集「南海の海鷲たち」にて初公開された阿部徹雄氏の写真を基に最新の考証で第265航空隊 戦闘第8飛行隊の零戦21型(8-26号機)を制作しました。

マリアナ諸島サイパン島の雷(いかずち)部隊、第265航空隊

第265航空隊は昭和18年11月鹿児島で編成されて第一航空艦隊に編入。当初は「狼」部隊と呼ばれ、その後の編成替えで「雷(いかずち)」部隊となりました。部隊記号は垂直尾翼に大きく黄色でイナズマを描き、その上に機番を赤に白ふち取り文字で「雷112」の様に記入した派手な物でしたが、19年3月で廃止されました。(弊社製品 Item No. 14112 零戦21型 グリーンVer.塗装図(2)第265航空隊 雷(いかずち)部隊を参照下さい。)
昭和19年1月、台湾・新竹基地に移動。5月、中部太平洋マリアナ諸島のサイパン島、第一飛行場に進出。来襲する敵大型爆撃機の邀撃戦を行う一方、部隊の一部をビアク作戦に参加させる為、ヤップ島経由で6月5日、南西方面のハルマヘラに進出させました。
この頃、当地を訪れていた毎日新聞海軍報道班員、阿部徹雄氏によって、265空所属の零戦21型(8-26号機)は撮影されました。

垂直尾翼に描かれた「8」の符号は、昭和19年6月18日、米軍がサイパン島の第一飛行場を占領して捕獲した多くの零戦52型に描かれていた「8」の符号と同一です。最新の考証で、これらの機体は第265航空隊戦闘第8飛行隊の所属機と推定されています。
また(8-26号機)のエンジンカウリング側面に描かれた細い横線の色は、白色か黄色か判別が難しく、デカールセットでは白色と黄色の2色を用意してモデラーの皆様の選択に任せる事としました。

● 参考文献 ●
大日本絵画刊 「日本海軍の艦上機と水上機」を、お薦めします。著者の川崎まなぶ氏が調査された、第265航空隊の戦闘第8飛行隊に関する186ページの記述は必見です。

【パッケージ】
口紙(ヘッダー)袋詰め吊るし

【セット内容】
1/144スケール 零戦21型1機分・カラー塗装図・取扱説明書・高品質デカール(イタリア カルトグラフ社製)
零戦21型(中島製・生産後期型)の特徴の長いプロペラスピンナーと零戦52型仕様の短いアンテナ支柱や3号空対空爆弾部品もセットに追加しました。
※ 日の丸デカールも入っています。
型番 14-D037
販売価格
864円(税64円)
購入数